まず最初に人の目で割れたものや汚れたもの、形の悪いものが無いかをチェックし、あれば取り除きます

前検卵に合格した卵は機械で洗浄(50°c~60°cのお湯)・乾燥します。

すべての検査に合格した卵が流れてきます。

サイズ(重さ)ごとにパッケージ包装されます。(全て機会が行います)

​品質管理

生産農場からGPセンターに運ばれてきた卵は、洗浄や様々な検査(サルモネラ・細菌検査等)を行い、選別・パック詰めされます。

GPセンターとは、「Grading&Packingセンター」の略で,卵の選別包装施設のことをいいます。

GPセンター(工場)に入室するときは、専用の服に着替えきれいに消毒します。

産みたての新鮮な卵が鶏舎からGPセンターに運ばれてくる

次は自動ヒビ卵検査装置で、更に細かい傷やヒビをチェックします。

暗室で下から光を当て、血卵チェックをし、あれば取り除きます。

企画ごとに選別されたパックに封がされます。

この丸いターンテーブル上で、更に汚れや割れがないかを確認します。(目視)その後箱やコンテナに入れて倉庫へ。

Copyright © 2019 Nishiyama Keiran All Rights Reserved.